資格は本当に必須なの?

 「就職に有利」「仕事をする上でも必須」と言われる資格ですが、本当にそうなのでしょうか? 実際の職務においては違うと言わざるを得ません。資格によって習得した詳細を仕事に活かせるのは独占業務があるような弁護士や、税理士というような資格が殆どで、ライトな資格の場合は、特段仕事上で必須不可欠というわけではありません。特に、その資格をとる前から実際に力量があったり、何らかの成果物があり、既に自分の力量を説明できる場合にそれが本当に必須なのかどうかは疑問を呈さずにはいられません。

 しかし、勿論資格をとることによる利点も確かに存在しているのです。

資格は開始ラインに立っていることの証明

 人は客観的に物事が出来るのか出来ないのかを判断できないものです。自分の事でもそうなのですから、他人を判断するという自体に至っては難解極まりないのは言うまでもありません。そこで、資格を持っていないと、「出来ないのではないか」という判断をくだされてしまうわけです。他人に自分のできること、技術、知識等を説明する時に、資格の名前をあげ、どういった資格なのかを説明するだけで、それが本当のものなのだと認められやすくなります。

基礎的な知識の再確認にも役立つ

 もし、あなたが既にその技術を十分に習得していたとしても、肝心な部分が抜けてしまっていないかや、本当に十分に通用するのかを確かめたいとしたら資格を受ける意義は十二分にあるかと思います。資格の勉強によって、自分の身につけた知識や技術の再確認も出来ますし、特にそうした一定の基点を超えているという確認が自分自身への自信へとつながっていくかと思います。

資格って本当に必須?実際に働いてると、特にIT系の資格については「いやー資格なんてとっても仕事には何もプラスなことはないよ」という話をよく聞く。そして、自分もそれを実感したりはします。

独占的な業務があるお仕事? ない仕事?

 資格の中には独占業務があるものとないものがあります。独占業務がある資格というと例えば弁護士資格や税理士等があり、資格を持っていなければやってはいけないという仕事になっています。基本的にこうした資格に関しては自ずと競争相手が少なくなるため儲かりやすい動向にあります。しかし、難易度はそれ相応に難しい物になります。他にもIT系の資格のような全く独占業務が無いものもあります。しかし、これに関しても難易度はそれぞれというような感じになっております。

 しかし、前者の場合は、その独占業務を行わないのであれば殆ど無駄に終わってしまうのに対して、後者は様々な分野へのつぶしが効くものとなっております。特に後者の場合のほうがすぐに実用できるOJTの種類の能力が大量に、体系的に知性を定着させ、整理吸収することによって、視野が広くなり、一つの物事をこなす際のクオリティー上昇につながります。

ゲーム性によって勉強する意欲がわく

 なにかが無いと勉強できないという人も中にはいらっしゃいます。特に何らかの明確な目標があってその為に勉強するというスタンダードは高校受験や大学受験というような通過点を通ってきている日本人にはごく普遍的な方法になってきています。しかし、日常の中ではそうした脅迫的な目標や締め切りがありません。そうした中で、資格等の受験を決め、それに向けて勉強をするという形を取ると、メキメキとやる気が湧いてくるものです。このサイトではそうしたプチ資格からド定番の資格、そして難解な資格まで範囲広く紹介していきます。

ド定番!? 受けてみよう安定資格!

宅建《宅地建築取扱主任者》

 かなり定番とも言える資格で、ほとんどの資格初心者の方が無意識的に受験している資格となっています。正式には「宅地建物取引主任者」で宅地建物の取引を行う予定のある業者の場合は事務室一つに対して五人に一人はこの資格の所有者を設置しなくてはいけないという決まりになっています。その為、業種によってはこの資格をもっていることによって五〇〇〇円から5万円程度の資格手当がつくというところが大量にあるのです。

 またそれだけではなく、宅建で得られる不動産関係の法律知識は社会人としても非常に役立つ物で、民法の詳細を範囲広く扱うため様々な分野での評価が高くなっているのです。不動産企業だけではなく、小売店や飲食店が商店を出す際にもそうですし、実商店が必須になるビジネスモデルの場合は間違いなくあっても良い資格になっております。資格の詳しい詳細はリンク先をどうぞ。

『宅建《宅地建築取扱主任者》』について

日商簿記検定

これもまた定番といえる資格です。これは商工会議所法に基づく日本商工会議所が行う検定試験で、僕に関する検定を行うというようなものになっております。似たようなものにビジネス会計検定試験等がありますが、自らが会計仕事等をこなせるという証明になるだけではなく、企業の仕組み自体の勉強にもなりますのでとっておいても無駄にならない資格になるかと思います。特にこの検定の一級に関しては公認会計士や税理士等の会計系の国家資格の登竜門としてあげられる資格になっております。資格の詳しい詳細はリンク先をどうぞ。

『日商簿記検定』について

難しいけど欲しい資格!

社会保険労務士

 非常に難しい試験の一つで、国家資格になります。社会保険労務士試験とは、労働関連法令や社会保障法令に基づく文章の製作代行を行うスペシャリストで、また企業を経営する上での労務管理、社会保険の相談や始動を行うことが出来る資格となっております。組織的な仕事を行うための法人設置等も認められているため、独立開業しなくても働けるという利点もあります。資格の詳しい詳細はリンク先をどうぞ。

『社会保険労務士』について

税理士

資格の詳しい詳細はリンク先をどうぞ。

『税理士』について

司法書士

 司法書士試験とは司法書士になるために必須不可欠な検定になります。様々な司法に提出する文章の製作や、成年後見人等の財務管理仕事を染毛に行う日本の国家資格で、独占業務に関しては断トツです。弁護士のような証明バッジが交付されることも一つのステータスとなっております。資格の詳しい詳細はリンク先をどうぞ。

『司法書士』について

ファイナンシャルプランナー

 ファイナンシャルプランナーとは最近人気になってきている資格になります。FP等と略され、住宅や教育、老後に関するライフプランニングに則した資産計画等のアドバイスを行う業種、そしてそれを認定する資格になります。1,2,3級が国家資格として認められていて、独占業務等も豊富にあるため、おすすめできる資格だと言えます。資格の詳しい詳細はリンク先をどうぞ。

『ファイナンシャルプランナー』について

語学は万能ツール!

TOEIC

 なんといっても英語は万能の武器になります。日本においては特にTOEICと呼ばれる国際コミュニケーション英語能力テストが標準化しています。年に何回も行われる上に、会場等も非常に多い資格になっておりますので、是非挑戦して自分の点数を知っておくとよいでしょう。資格の詳しい詳細はリンク先をどうぞ。

『TOEIC TOEFL』について

TOEFL

 日本ではあまり一般的だとは言いがたいですが、海外で標準となる国際コミュニケーション英語能力テストがTOEFLです。詳細はTOEICとくらべて難しく、よりアカデミックな詳細になっています。こちらもTOEIC同様合否判定は無くて、点数を認定する精度を採用しています。受験後にオフィシャル点数が発行され、郵送で届きます。資格の詳しい詳細はリンク先をどうぞ。

『TOEIC TOEFL』について

WEB関連で使える資格はなにがあるの?

 あまり一般的では無いかもしれませんが、ウェブ上でのビジネスを優位に進める為、そして、IT系企業での能力上昇に繋げるための資格が多数存在しております。資格の詳しい詳細はリンク先をどうぞ。

『WEB関連で使える資格』について

こんな資格もオススメですよ!

 日本では様々な資格があり、実用的なもの以外にも謎の資格がたくさんあったりします。こちらでは、そんなものの中から比較的メジャーなものと、一風変ったものまで範囲広く紹介していきます。資格の詳しい詳細はリンク先をどうぞ。

『こんな資格もオススメ』について

資格があれば憂いなし

 様々な資格を通じて学問を継続していけるということは素晴らしいことです。学校を出て終わりではなく、勉強は生涯のものだと思いますので、是非、いずれ必須になるものだと鼓舞して勉強を継続ためにも、資格の勉強を今から始めてみましょう。最初は思うようにいかないかもしれませんが、少しずつ達成感や、充実感を感じ取れるようになってくるはずです。それでは、そんな資格の世界へと、勇気を出して飛び込んでみましょう。

こんな資格を修得するべき! 資格取得、合格応援サイト!